差額ベッド料アップのご提案

差額ベッド料アップ

入院環境(療養環境)の改善による患者満足度の向上
差額ベッド料を設定できる部屋を増やす

多床室(4人部屋)で差額ベッド料設定

間仕切り家具を導入することで、プライバシーの確保を考慮した特別な療養環境を提供し、差額ベット料の設定が可能に。

準個室

多床室(4人部屋)で差額ベッド料を設定するには? 差額コンサルタントサービス

多床室(4人部屋)で差額ベッド料を設定するには?

間仕切り家具で準個室化することで
プライバシーの確保、機能性、収納量のアップ → 患者満足度向上
更に差額ベッド料の設定が可能になります

point

差額ベット設定のための条件

① 特別の療養環境に係る一の病室の病床数は4床以下であること。
② 病室の面積は1人当たり6.4平方メートル以上であること。
③ 病床ごとのプライバシーの確保を図るための設備を備えていること。
④ 特別の療養環境として適切な設備を有すること。

多床室(4人部屋)では、差額ベッド料を設定できないと思っていませんか?

条件をクリアすることで、多床室(4人部屋)でも差額ベッド料の設定が可能になり「差額ベッド料あり」のベッド数を増やすことができます。患者にとっては、入院環境の選択肢が広がるというメリットもあります。

多床室(4人部屋)でも差額ベッド料設定投資に対する収益は?

過去の事例も様々ですが、一般的な間仕切り家具を導入した場合、ベッド稼働率70%程度で、投資分を約半年から1年で回収しています。

図面もしくは現地実測で参考プランの作成が可能です

既存の多床室(4人部屋)で、差額ベッド料の設定をするには、どうすれば良いのか?
これまでの経験を活かし、プランの作成と、収益シュミレーション(損益分岐点)を提示します。

入院環境の改善患者 不満とニーズ

多床室の患者様が感じている不満

多床室の患者様が求めるニーズ

入院環境の改善による患者満足度の向上へ!

「多床室(4人部屋)で差額ベッド料設定」モデルケース

耐震・強度面で安心のスチールタイプ。家具の組み換えも可能。

内装デザインに合わせた木製タイプ。ホテルのような個室感を演出。

患者1人当たりの床面積を維持するために、間仕切り家具、床頭台に工夫。

テレビ、冷蔵庫、収納のすべての機能を組み込み、採光窓も大きめに確保。

収納用ワードロープと可動間仕切りを組み合わせることで、間仕切り展開時はプライバシーの確保。間仕切り収納時は、ベッド搬送や処置スペースの確保を実現。

差額ベッド料 コンサルタントサービス

エリア調査のデータを基に、最適な設備投資と差額ベッド料の価格設定をコンサルティングし、「患者満足度の向上」と、「差額ベッド料による収益向上」をご支援します。

お問い合わせ先

TEL:03-3816-1343 / FAX:03-3816-1022

お問い合わせ