病院向けリスクマネジメント
〜薬品の安全管理〜

多発する薬品に関する「事件・事故」

管理・監視システムにより医療安全対策・業務効率化を実現。

Step1

注射薬カート

薬局から病棟までの搬送を鍵付注射薬カートで行う。
搬送後も、病棟ナースステーション内に置き、施錠しておく。

Step2

薬品・医療材料保管棚 保冷庫

各薬品は施錠された棚に保管する。
劇薬、麻薬に関しては二重施錠で保管。
(地域によっては三重施錠が必要。)

劇薬、麻薬に関しては、解錠者の履歴を取得できる金庫を使うことで、セキュリティーを高める。

履歴管理と解錠方法の多様化
→誰がいつ開けたのかが明確になる。

Step3

監視カメラシステム

薬品保管箇所には、監視カメラを設置し盗難防止に努める。 また、事故発生時の調査や再発防止に役立たせる。

MMコーポレーションでは、お客様のそれぞれの環境に応じた「薬品の安全管理方法」をご提案いたします。

お問い合わせ先

TEL:03-3816-1343 / FAX:03-3816-1022

お問い合わせ